• ホーム
  • 投資を始めるなら株式投資から始めるのも良い

投資を始めるなら株式投資から始めるのも良い

投資というと資産家、お金持ちがやるもの、というイメージもありますが、実際にはそんなに敷居の高いものではありません。
とはいっても、それほど余剰資金も貯蓄もない投資初心者がお金を借りていきなりマンション経営をするなどというのは、あまりにも危険性が高すぎます。
投資をした事がない、またそれほど資金もないという初心者には、株式から始めるのが危険性が一番低いでしょう。
株はハイリスクハイリターンの危険性が高いものだと思われていますが、実際にはそんな事はありません、株式を市場で取引出来る企業のほとんどは基本的には健全に事業を行っていますから、そうそう破たんするものではありません。
ですから買った株式が紙くずになるというような極端な事はほとんど起こりません。
実は数ある投資の中でも株式投資は安全な方なのです。また、株式のよいところは、他の投資に比べて少額で始められるという点も挙げられます。
株式は安いものなら1万円台から購入する事も可能です。
さすがにここまで安い企業はかなり探さないといけませんが、それでも30万円もあれば大抵の企業の株式は購入する事が出来ます。
投資というとすぐに数百万円のお金が要りそうなイメージもあるかもしれませんが、株式投資に関する限りはそんな事は全くないのです。
ですから、投資自体が初心者という方には一番向いているのです。
もちろん、投資にはリスクがつきものです。儲かると思って購入しても、株価が予想に反して下がってしまう場合もよくあります。
ただ、他の投資の場合は何かしらの収益を上げ続けないと資金が回らない危険性もありますが、株式の場合には株価の値上がり益を狙うだけでなく、会社からの配当金も出る場合がありますので、2重に利益を得るチャンスがあるのも利点です。
株価が低迷している間はじっと我慢して配当をもらいつつ株価の上昇を待つ、というような両面作戦も可能なところが株式のよいところです。

初心者は仕手株に手を出してはいけません

様々な利点がある株式投資ですが、初心者が取り組む際に忘れてはいけない危険性もあります。
それは、仕手株に手を出してはいけないという事です。
仕手とは「して」と読み、ある特定の集団が意図的に株価を吊り上げて利益を狙う目的のために行う手法の事です。
この仕手を仕掛けられた株式が仕手株というのです。仕手株は特定の集団が利益を得る目的で仕込みを行います。
ですからそもそもその企業の価値がどうとかいう事とは全く無縁です。
仕手株となる株式はほとんどが誰も見向きもしないようなところです。
仕手集団は株価が低迷しているうちに仕手株を買い集めていきます。
そしてしかけるタイミングで、一気に値を吊り上げていきます。
元が人気のない株式ですから、売買ともに少なく、値を吊り上げるのは簡単です。ところが株価が急に上がり出すととたんに市場の注目を浴び始めます。
そしてこれが仕手株と気が付くと、我も我もとその株を買いに走り更に株価が上がっていくという循環になります。
この波に乗れれば一攫千金も夢ではありません。しかしそうそううまい話はありません。初心者が仕手株の異常な株価上昇に気が付くのは、もう充分に株価が上昇しきったところであるのが一般的です。
ここで仕手株を買ってしまうと高値掴みという状態になります。
この段階では仕手集団は本来の利益獲得の目的のために買い集めた株を売り浴びせにかかります。
すると今度はこれまで買っていた人たちが損をしまいと一斉に売り始めて驚くほど株価が下がり始めます。
こうなると売り一色になって売りたくても売れないという恐ろしい状況になります。一攫千金を夢見たのに、逆にあっという間に資金が数分の一になってしまうというような危険性もあります。
このような危険な面も株式投資にはあるという事は忘れてはいけません。
市場を見ていると毎日のように株価が急上昇する株式がありますが、このような一時的な状況に惑わされずに投資対象を見極めることが大切です。