• ホーム
  • 投資信託では証券会社のおすすめを信頼しきらない

投資信託では証券会社のおすすめを信頼しきらない

グラフ

証券会社などの金融機関は、商品を売り、その手数料で儲けています。
また、営業担当者が短い期間で転勤します。
これは、顧客との癒着や着服などの不祥事を防ぐ目的があるのですが、顧客の長期的な資産形成の目標とかみ合わないことも出てきます。このような証券会社の営業姿勢と特に相性が悪いのが投資信託です。
投資信託は、長期保有を前提にじっくりと資産を増やしていく金融商品です。
これでは、手数料が稼げませんし、営業担当者の実績にもなりません。証券会社が「もっと良い投資信託が出ましたよ」とおすすめしてくることがあります。
しかし、その買い替えのおすすめは、もしかしたら手数料や実績稼ぎかもしれません。また、おすすめの理由に「確実に儲かりますよ」という文言を出すのは法律で禁止されています。
金融商品取引法という法律に「断定的判断の提供の禁止」という項目があります。
これを守らない証券会社は信頼しない方が良いでしょう。少し似たような例で「毎月分配金が出るんですよ」とおすすめしてくることがあります。
投資信託は元本割れの可能性もある商品です。
毎月一定の分配金が出せるほど利益を上げ続けることは、難しいものです。
このような「毎月分配型ファンド」は、実は元本を取り崩している可能性もあります。投資信託にも様々な種類があります。
アクティブ運用の投資信託は、その名前から運用利益が高いと期待してしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。
そうでない普通の投資信託と運用利益は変わらないのに手数料は高く、その分だけ損になる可能性もあるのです。
「アクティブだからおすすめですよ」とは限りません。実は、投信信託の頻繁な買い替えを勧誘することや、毎月分配型ファンドの欠点などは、既に新聞、雑誌、ネットなどで問題視されています。
情報を早めにキャッチしてこのような勧誘には引っかからないようにしましょう。手数料やファンドの情報をきちんと提供しない証券会社も信頼できません。
自分である程度情報を集めて勉強し、それに反した営業活動をしていないか、見極めることが賢い顧客のあり方です。

初心者におすすめの信頼性の高い証券会社はどこ?

証券会社が投資信託をお勧めする場合、問題になりがちなのは、営業担当者の利益が顧客とかみ合わないことに一因がありました。
初心者と金融商品の販売者との間には情報量に圧倒的な格差があり、その状態で証券会社に都合の良い投資信託を「おすすめ」されてしまうと、顧客も断るという判断がしづらくなります。ですから、営業担当者にセールストークを持ちかけられないネット証券であれば、この種のトラブルを防ぐことができると言えます。
初心者は初心者なりに勉強をしながら、自分のニーズにあった金融商品をマイペースで選ぶことができます。
ネット証券の代表的なものには、楽天証券やSBI証券などがあります。また、ネット証券では、企業の運営がとても低コストで済みます。
したがって、それほど手数料稼ぎに躍起になる必要もありません。
楽天証券もSBI証券も、取引手数料は大変低額になっています。「顧客に断定的判断を提供したかどうか」「各投資信託の性質を説明したか」「手数料などのコストの情報を提供したか」は、対面販売では「言った、言わない」でもめてしまいがちです。
しかし、ネット証券では、顧客が判断するのに必要な情報をサイト上で説明してあるはずです。
また、外部からも、きちんとサイト上に掲載されているか監視しやすいものです。とはいえ、今度は、このようなネット証券会社がネット上で発信する顧客に必要な情報を、顧客自身がしっかり認識できるのかが問題となります。
初心者にとっては、この点、敷居が高いかもしれません。
しかし、ネット証券では、顧客が注文するために必要なページだけでなく、金融商品の選び方や投資の方法などの金融教育のためのページも用意しています。
このようなコンテンツが充実してれば、信頼性の高い証券会社だと言えるでしょう。