• ホーム
  • FXは手軽に始められる投資の1つです

FXは手軽に始められる投資の1つです

会社に勤めていると安定した給与を受け取ることができますが、低金利などの影響で将来を不安視している人も少なくありません。
よって日本円を銀行に預けていても金利が少なすぎるため、外貨預金を考えている人も多いと思われます。特に豪ドルやトルコリラなどの通貨は高金利として名高くかなり人気がありますが、銀行が推奨する外貨預金には大きな落とし穴があります。
それが預ける時に多くの為替手数料が生じるため、損をしやすいというデメリットがあります。しかし最近話題になっているFXは手数料がほとんどかからずに、少ない資金で手軽に始められる投資手段の一つなのです。
主に円高や円安などの為替差益で利益を獲得していくシステムで、仕組みは外貨預金と変わりありません。
しかしFXは非常に危険な投資だと考えている人が多く、手を出したくないという意識が強い傾向にあります。
最近では、わずか100円程度から開始することができて、場合によっては毎日スワップ金利を受け取ることが可能です。
例えばトルコリラはあらゆる通貨の中でも高金利であり、取引を行って翌日までポジションを維持しておくだけで、数パーセントの金利を得る事ができます。
外貨預金も金利は期待できますが、あくまで定期預金をした場合によるため、タイミングを逃してしまうと結局損をすることになります。
逆にFXは一日に何度も取引ができて、休日以外は24時間取引が可能です。金利をもらうためには買いから入るのが鉄則ですが、円高傾向にある通貨は買いから入ることで金利も獲得できる可能性が高まります。
現在のトルコリラや南アフリカランドなどの通貨は国内のインフレや政情不安によって大幅に下落しているため、円高傾向にあります。
よって現在は、まさにFXで利益を獲得するための最大のチャンスでもあります。
このような新興国の通貨は長期運用をすることも良いとされているため、初心者にとっても安全に資産運用ができると考えられます。

FXは借金を背負うリスクも抱えています

手数料がかからずに金利を獲得できるFXですが、実は借金を背負うリスクも抱えています。
これはFXにはレバレッジという倍率を資産に用いられるため、最大で25倍の利益を生み出せるシステムがあるからです。例えば2500円から運用することで最大で10万円の利益を獲得できる可能性もありますが、一方で10万円の大損をしてしまうリスクもあります。
よってFXは外貨預金とは異なって少しギャンブル性が高い投資手段とも言われており、初心者が始める場合は必ずこのようなリスクが潜んでいることをしっかり理解する必要があります。またアメリカやオーストラリアは経済的にも安定していて通貨にも急な暴落や暴騰は見受けられません。
しかし新興国はクーデターや経済不安定が起こる可能性があり、スワップ金利が高い魅力的な通貨であっても為替差益が急激に変化しやすいため、損をする可能性が高くなります。
その上でレバレッジを高く設定していると、利益が出た時はまるで天国のようにうれしい気持ちになりますが、損をした時には地獄のような苦しみを味わうことになります。しかしFXにはロスカットという制度があります。
これはある程度の損をしてしまう前に、自動決済をすることで大きな損失を免れることができます。
当然ロスカットが発動した場合は損失が確定しますが、これは顧客の資産を守る役割があるため非常に欠かせない制度です。
よってレバレッジは少なく設定して、長期的な運用をすることで安全にスワップ金利を獲得することができると考えられます。
為替レートは政治家の発言や経済指標などによって多く動くため、プロの投資家であっても完全に把握することはできません。
よって大きな損失を免れるためにもロスカットを指定してレバレッジは低めに設定することで、安全にFXを始められるでしょう。